2009年01月22日

加齢臭の原因となるノネナールとは

加齢臭の原因物質は「ノネナール」と言われています。
このノネナールは体全体に存在する肌の
「皮脂腺」と呼ばれる毛穴から出てきます。
皮脂腺に溜まった、パルミトオレイン酸が過酸化脂質と結合し
酸化することで発生するのがノネナールです。
40歳前後から男性は、活性酸素に対する抑制が弱まり始め
酸化の原因となる脂肪の分解や過酸化を防ぎきれなくなり
結果、ノネナールが全身から染み出し加齢臭となるわけです。

ノネナールを出さないためには
活性酸素の活動を抑える抗酸化物質の多く入った食品を摂ったり
ストレスを溜めない工夫が必要となると思います。
その他にも、ノネナールを出しにくくするサプリメントも
加齢臭を気にする人が増えたせいか驚くほど存在します。
自分のスタイルに合ったものを
継続していくということが加齢臭に対抗する手段ではないでしょうか。

sponsored site:
posted by カタセ at 15:50 | Comment(0) | 加齢臭は何故臭い? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。