2009年01月31日

加齢臭を抑えるじゃがいもの味噌煮 味噌の効果



加齢臭を抑えるために毎日食べたいじゃがいもの味噌煮ですが
その味噌煮の味噌についてお話してみたいと思います。

味噌は大豆が主原料の日本の調味料です。
この大豆にはよく知られているとおり
大豆イソフラボンと言う成分が豊富に含まれています。
この大豆イソフラボンは女性ホルモンと似た働きするので
ホルモンの働きを助け過酸化を防止すると言う効果がありそうです。

また、味噌に含まれるビタミンB12は
造血作用を助け、疲労回復や加齢臭の原因となる
ストレスを解消してくれる働きをもっています。

そして、見逃せないのは
抗酸化作用を期待できることでしょう。
大豆に含まれるサポニンと褐色色素には
過酸化脂質の生成を防止する効果があり
加齢臭の元となるノネナールの生成を防ぐのに
効果が高いと言えるのではないでしょうか。

その他にも、消臭効果や放射線除去効果などもあり
とても素晴らしい食品だと言えます。

加齢臭を防ぐためには
毎日の食生活で抗酸化対策が重要ですが
味噌汁などのみそ料理は日本の食文化に深く根付いており
毎日1杯程のお味噌汁を飲むのは
それほど苦にはならないと思います。
加齢臭を抑えるほかにも、健康や美容にも効果があるので
食生活に組み込み、加齢臭防止などに役立つ成分を
毎日積極的に摂るのには
味噌はとても良い食品ではないでしょうか?

sponsored site:

2009年01月28日

加齢臭に効くリンゴ酢の作り方



加齢臭に効くリンゴ酢の作り方

加齢臭を抑えるために毎日飲みたいリンゴ酢
リンゴ酢自体もスーパーなどで売られていますが
自分でも簡単に作ることができます。

リンゴ酢は、そのまま飲んでもいいですが
ちょっと酸っぱいのが苦手だと言う人は
お水やお湯で薄めて飲んでも大丈夫ですよ。
ヨーグルトなんかに混ぜて食べても良いかもしれませんね。



<リンゴ酢の材料>
リンゴ  100g(中くらいのリンゴ半分程)
氷砂糖  100g
お酢   200ml


<リンゴ酢の作り方>

1.リンゴを50℃程のお湯でタワシなどでこすって洗う。
  キッチンペーパーで水分をよく拭き取り
  8等分にして芯を取り除き、
  皮ごと2cm幅程のイチョウ切りにする。

2.広口瓶に氷砂糖と切ったリンゴを入れて
  お酢を注ぎいれる。

3.蓋をしないで電子レンジで500wなら40秒
  600wなら30秒、強で加熱する。

4.電子レンジから取り出して、蓋をして常温で置いておく。
  翌朝から(たぶん10時間ほど後)飲むことができます。

お砂糖は氷砂糖ではなく、上白糖や黒砂糖グラニュー糖など
ほかのさまざまなお砂糖でもOKです。
風味や甘みが変わって楽しいですよ。
お酢も、お好きなお酢を使って作ってみてください。
リンゴ酢は常温で約1年間保存ができます。
電子レンジを使わない場合は、2週間くらい漬けこんで下さいね。


毎食前に飲むとより効果的だそうです。
1日に大さじ3杯ほどを目安に摂ってください。

sponsored site:
posted by カタセ at 16:10 | Comment(0) | 加齢臭に効くリンゴ酢の作り方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

加齢臭の原因となるノネナールとは

加齢臭の原因物質は「ノネナール」と言われています。
このノネナールは体全体に存在する肌の
「皮脂腺」と呼ばれる毛穴から出てきます。
皮脂腺に溜まった、パルミトオレイン酸が過酸化脂質と結合し
酸化することで発生するのがノネナールです。
40歳前後から男性は、活性酸素に対する抑制が弱まり始め
酸化の原因となる脂肪の分解や過酸化を防ぎきれなくなり
結果、ノネナールが全身から染み出し加齢臭となるわけです。

ノネナールを出さないためには
活性酸素の活動を抑える抗酸化物質の多く入った食品を摂ったり
ストレスを溜めない工夫が必要となると思います。
その他にも、ノネナールを出しにくくするサプリメントも
加齢臭を気にする人が増えたせいか驚くほど存在します。
自分のスタイルに合ったものを
継続していくということが加齢臭に対抗する手段ではないでしょうか。

sponsored site:
posted by カタセ at 15:50 | Comment(0) | 加齢臭は何故臭い? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

加齢臭を抑えるために食べたいブロッコリー

加齢臭をさせたくないと思うなら食生活も見直しましょう。

加齢臭を抑えるために食べたい食品にブロッコリーがあります。
ブロッコリーには加齢臭の原因となるパルトミンを酸化させるとする
活性酸素の働きを抑えるビタミンCやビタミンEが豊富です。
また、βカロチンも豊富でビタミンAに変わらなかったβカロチンは
強力な抗酸化作用を持ち、抗癌作用も期待できます。
なんと言っても、簡単に手に入り手軽に食べられるので
加齢臭を抑えるためには是非とも取り入れたいものです。

ブロッコリーに含まれる抗酸化酸素作用がある栄養素は水溶性のものが多いので
長い時間茹でてしまうとせっかくの栄養が逃げてしまいます。
たっぷりのお湯に少しお塩を入れて
ちょっぴり歯ごたえが残るくらいでザルに上げてください。
ブロッコリーは水にさらすと風味や味が損なわれるので
ザルに上げて冷ましてくださいね。

sponsored site:
posted by カタセ at 21:47 | Comment(0) | 加齢臭を抑える食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

加齢臭を体内から緩和するリンゴ酢

加齢臭を抑える効果があるとされている食品は
じゃがいもの味噌煮の他にもいくつかあります。

例えば、リンゴ酢が代表的な加齢臭を抑える食品ではないでしょうか。
毎日少量のリンゴ酢を摂取することにより
クエン酸の効果で体内から加齢臭を予防してくれるそうです。
リンゴ酢には驚くことに、血液を掃除してサラサラにしてくれたり
血糖値を下げる働きも期待できるそうなので
加齢臭の予防だけではなく、積極的に取り入れたいですね。
もしも、酢が苦手な方でしたら、もろみ酢や黒酢などのサプリメントでしたら
毎日摂取するのもいくらか簡単だと思います。

リンゴ酢はスーパーなのでいろいろな種類のものが売っていますが
自分でも簡単に作れるので作ってみてもいいかもしれません。
面倒くさい場合は、買うのが一番だと思います。
毎日のように・・・の事ですので面倒くさくない方法を選んで
負担なく取り入れてみてください。



sponsored site:
posted by カタセ at 12:01 | Comment(0) | 加齢臭を抑える食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

加齢臭を抑える食品の働きとは

困った加齢臭を抑えるには、臭いの元となるノネナールの発生を促す
活性酸素をなるべく出さなくするのが有効ではないでしょうか。
活性酸素の活動を抑える働きを抗酸化作用といい
食品を摂取することで抗酸化作用をより効果的に働かせることができます。
ビタミンEには抗酸化作用を働かせるために欠かせません。
何故なら、ビタミンEには加齢臭の元となる脂分の酸化を防ぐ働きがあり
主に、玄米や胚芽米などの穀物に多く含まれています。
加齢臭の対策として、主食を白米から玄米や胚芽米に変えることにより
ビタミンEの恩恵を継続的に得られるのではないでしょうか。
また、ビタミンEの働きを高めてくれる効果をもつのがビタミンCです。
ビタミンCは強い抗酸化作用を持ち、ビタミンEと並んで
加齢臭を抑えるのに欠かせない栄養素と言えるでしょう。
抗酸化作用の高い物質を摂取することによって
活性酵素の攻撃をブロックするだけにはとどまらず
活性酵素で傷つけられた細胞を修復すると言う作用もあるので
加齢臭を抑えてくれるだけではなく
加齢そのものを抑える働きもあると言えます。
意識して、ビタミンCとビタミンEを摂るのに
じゃがいもの味噌煮が最適です。

sponsored site:
posted by カタセ at 08:57 | Comment(0) | 加齢臭を抑える食品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

加齢臭を抑えるじゃがいもの味噌煮の作り方

加齢臭を抑える効果のある料理とされている
じゃがいもの味噌煮は、地元山梨県上野原市棡原(ゆずりはら)では
「せいだのたまじ」と呼ばれている伝統的な郷土料理です。
皮つきのじゃがいもを味噌で煮るだけの
難しくない料理なので是非チャレンジしてみてくださいね。


加齢臭に効果があるじゃがいもの味噌煮のレシピ

加齢臭が消えるじゃがいもの味噌煮

<材料>
*ジャガイモ (400g〜450g)
*砂糖(小さじ1〜2)
*味噌 (大さじ1)
*サラダ油 (大さじ1)
*水 (800cc)

<作り方>
1. ジャガイモは皮ごと使うので水でよく洗っておく。

2. 鍋にサラダ油を熱して、ジャガイモを皮つきのまま入れて少し炒める。

3. 砂糖、味噌、水を加えて水分がなくなるまで煮込む。



ジャガイモは丸のまま調理するので、
小ぶりの新じゃが位の大きさがベストだと思いますが
小さめのじゃがいもを選んで作っても大丈夫です。
水分がなくなるまで煮込むので時間が少しかかりますが
煮詰まった味噌をからめて食べるととても美味しいです。
1週間ほど毎日食べると劇的に加齢臭が抑えられるようです。

sponsored site:

じゃがいもの味噌煮が何故加齢臭を消すのか?

じゃがいもの味噌煮で困った加齢臭が抑えられるなんて本当なの?
って疑問に思うかもしれません。
じゃがいもの味噌煮には
味噌に含まれる大豆イソフラボンで得られるエストロゲンの効果で
老化を抑えるホルモンが分泌され
じゃがいもに含まれるビタミンCとビタミンEが消臭効果を高めて
加齢臭を抑える効果があるのではないかと言われています。
山梨県上野原市棡原(ゆずりはら)と言う長寿の里では
毎日のように郷土料理であるじゃがいもの味噌煮を食べているご老人達は
羨ましいことに加齢臭がしないそうです。
それほど難しくないお料理ですので試してみる価値がありそうです。

sponsored site:

加齢臭は何故臭い?

ある程度の年齢を過ぎると気になる加齢臭と呼ばれる困った臭い。
この加齢臭の原因となるのが、ノネナールという体臭成分です。
加齢臭特有の、脂臭いような青魚臭いような困った嫌な臭いを
ノネナールと言う体臭成分が発生させているのです。
どのようにして、ノネナールがみんなが嫌がる加齢臭を発生させているかと言うと
毛穴の奥にある皮脂腺から分泌されている、パルミトオレイン酸(脂肪酸)が
体内で酸化を促し老化などを引き起こす原因として知られている
活性酸素に促され酸化したり、
表皮についたバクテリアが発酵するのが原因と言われています。
脂肪が酸化したり、バクテリアが発酵したりと考えるだけで
加齢臭が臭く感じて当然と言えるでしょう。

誰でも起こりうる臭いですが
社会生活を送る上ではとても気になりますよね。

sponsored site:
posted by カタセ at 08:48 | Comment(0) | 加齢臭は何故臭い? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。